第17号(2009/11/5)●8面
HOMEへ

悼画『金城祐治さん―辺野古「命を守る会」の根本には』を制作して

輿石正 (沖縄県名護市在住) 


●悼画『金城さん』DVD
90分カラー
制作:じんぶん映画
監督:輿石正(こしいし・まさし)


定価:3000円
200円は辺野古テント村の
活動資金として活用されます
連絡先:0980-53-6012
http://www.edic-121.co.jp
(ネットで購入も可能)

第一章 忘れてはならないこと
第二章 ふたつの命
第三章 大阪・少年と戦争
第四章 大正区時代
第五章 沖縄・辺野古へ
第六章 さし出された掌のひら

 戦前・戦中・戦後の36年間を大阪で生きてきた祐治さんが身につけたもの、それは「まじめに働く」、「戦争はダメだ」、そして「差別はアカン」であった。それらは戦争をくぐり、厳しい差別を受けながら焼け跡で生きてきた人間が身体にしみ込ませたものだった。その態度・姿勢は沖縄に移り済んでも変わることはなかったし、変えられるものでもなかった。それはそのまま辺野古の新基地建設NOの運動にも貫かれた。辺野古の反対運動支援にかけつけた本土の若者たちが、辺野古に来ると今も祐治さんの霊前に手を合わせにくるのは、祐治さんの変わらぬ態度・姿勢がすっと心に入り、忘れがたく心の底に残り続け2千日におよぶ座り込みは、そんな生き方のもとに積み重ねられていった。テント村は、さまざまな人たちがそれぞれの思いを抱いて立ちつくした互いの学びの場でもあったのだ。
 全6章からなる悼画『金城祐治さん』が、一人の市井の72年間の軌跡をふちどり、今後も辺野古テント村を訪れる人々に何かを伝えるドキュメンタリー映画であってくれたら嬉しい。
800兆円の借金をどうする?

草島勇太 

 現在の日本の財政赤字は、国と地方を合わせて約800兆円あります。国民一人当たりにするとだいたい600万円になります。
 日本の国家予算は80数兆円で、そのうち44兆円は赤字国債であります。国民一人当たり月収10万円で20万円の生活をしているのと変わりありません。
 予算の半分以上を赤字国債にすることは、限界ではないでしょうか。
 予算は一般会計と特別会計を合わせると、200兆円を超えます。特別会計は、一般会計とは異なり不透明であります。
 特殊法人は、高級官僚の天下り先でもあります。
 財政赤字は、なぜ起きるのかというと、民間の需要不足を満たすために赤字国債を発行し、公共投資を行い消費を増やすためです。
 但し、1999年のノーベル経済学賞を受賞したマンデル・フレミング理論では、変動相場制では、為替相場に影響を与えるので、財政政策の効果があまりないということです。
 そのために、G20カ国で協力して同時に行うことに決まりました。
 資本主義の歴史を見ますと、なにかのバブルが弾けたあとに、需要不足が解るというケースがほとんどです。
 長期的には、供給(サプライサイド)の成長は、豊かな社会になるためには必要ですけれども、短期的には、需要サイドが重要です。なぜかというと不況は、需要不足が原因だからです。投資は投資をよび景気を良くしますが、なぜ起きるかというと、企業は新しい製品を開発して創業者利潤を求めて研究します。しかし、創業者利潤は、6ヶ月ぐらいで他社の参入にいたって、なくなります。利潤を求めて多くの企業が参入した結果、過剰設備が出来てしまうのです。そしてリストラに繋がります。資本主義社会では、労賃の増加が設備投資よりも遅れます。
 その結果、この場合も需要不足が起こるのです。

じいちゃんジャーナル
●二〇〇九年ノーベル平和賞の意味を問う・・・・・・・・!
   あれっオバマ氏がノーベル平和賞?!そんなあ〜!?
  平和賞って実績を重ねた人がもらうのでは・・・・・!
 オバマさん、まだなに一つやってないのとちゃうか・・・・・・。
イラク、アフガニスタン戦争の最高指揮者ではにやあの――――!?
 これ意味あるの!? お分かりの方、教えてつかあしやあ。
   核兵器廃絶とイラク・アフガン戦争とのつながり!
      (じいちゃんジャーナル2009年10/15 No90より)

美術展

ペシャワール会DVD販売中

 6月2日(火)、船橋市勤労市民センターにおけるペシャワール会福元満治事務局長のアフガニスタン現状報告と訴えの一部始終を「We命尽きるまで」の藤山顕一郎監督が熱く撮ったDVDを希望者に頒布します。送料別で1枚千円。編集完成まで若干日時がかかります。ご了承下さい。お申込は『コモンズ』まで

集会案内

11.27「変革のアソシエ」発足記念関西シンポジウム
   ―政権交代と今後の展望(仮)―
●と き:2009年11月27日(金)午後5時30分〜
●ところ:協同会館アソシエ3Fホール
●講 演:
本山美彦(「変革のアソシエ」共同代表、京都大学名誉教授)
武 建一(同共同代表、一般社団法人 中小企業組合総合研究所代表理事) 他
●コーディネーター:田淵太一(同 共同代表、同志社大学教授)
●連絡先:「変革のアソシエ」関西事務所
 Tel:06-6328-5577 Fax:06-6328-5588


2009/11/23 WSF2010プレ企画
世界社会フォーラムと社会運動(東京)
●ゲストスピーカー
 クリストフ・アギトン(フランス)
 チコ・ウィテイカー(ブラジル)
●2009年11月23日、13:30〜
●南部労政会館(JR大崎1分)
2009/12/5(土)「変革のアソシエ」研究会
反資本主義左翼の再生は可能だ
第一回フランスNPAの経験 講師:湯川順夫
●日時:2009年12月5日(土)6時〜
●場所:変革のアソシエ事務所(中野駅徒歩1分)
●連絡:Tel:03-5342-1395 Fax:03-6382-6538

編集室から

●本年もあと2カ月。そんな気ぜわしい思いで11月号の編集作業の追い込みの最中、今年も、山形のSさんより、たくさんの柿を送っていただいた。つややかな柿の色に、ふと山形の秋、その紅葉の美しさに想いを馳せる。柿は、8日の県民大会に呼応して、開かれる名護サポーター・東京の集いにもって行き、みんなで頂くことに決めました。お心使い、ありがとうございました。(生)●不二越訴訟の取材に富山へ行った(3面に掲載)。原告は80歳のハルモニたち。彼女たちの凄まじい気迫に、「本物のたたかい」を見た。もっと注目されてよい闘いである。しかしマスコミは報道しない。『コモンズ』が背負っている使命の重さを思わずにいられない経験だった。(幹)

次号予告

■オバマ来日、日米交渉の行方
■関生「韓国労働者集会」派遣団の報告
■11・27「変革のアソシエ」発足記念
 関西シンポ
■協同組合論、地方からなど連載他


HOMEトップへお問い合わせプライバシー・ポリシー
革命21 Copyright (c)2008 All Rights Reserved